【働き方改革】RPA導入に立ち塞がる壁!?

最近では働き方改革の取り組みのひとつとして、RPAの採用を検討する会社も増えているのではないでしょうか?

 

え?RPAって何?という方のために、RPAとはロボティック・プロセス・オートメーションの略で、私の解釈ですがPCを使った決まった業務を人間ではなく、RPAソフトウェアにやらせることをいいます。

 

私の会社ではRPA導入の動きが約1年前くらいにありました。

私は当時RPA採用を検討するプロジェクトの一員で、勉強会に参加したり費用対効果の検討などを担当しました。

 

実際に、RPA会社(ここではざっくり言わせてもらいます)の営業担当から操作説明をしてもらい社内で導入テストを行っていくうちに、私が一番効果が出そうだ、いや出て欲しいと思っていた部署での導入が難しそうだということが段々分かってきました。

 

私が期待していたの部署の業務というのが、FAXまたはメールで流れてくる定型の注文書を基幹システムに入力する業務で、この部分がRPAで対応出来れば業務の省力化に大きく貢献できると考えていました。

 

RPA会社の営業担当の方もOCRとRPAを合わせることで、業務の省力化が大きく見込めると推していたため期待していました。

 

ところが、何度試してもFAXで送られてきた文字をOCRで読込むところで、期待していた精度が得られなかったのです。

 

RPA自体悪いものではなかったのですが、OCRの精度がまだまだだったのが、私の会社でRPAが採用されなかった大きな理由になってしまいました。

 

結局私の会社では、業務の効率化を抜本的に行うことでRPAの採用は見送られました。

 

RPAは海外ではかなり導入されていると聞きます。

また、別の者が担当した総務系の部署ではかなりの改善効果があったそうですが、RPAの導入は見送られることになりました。

 

RPAはAIとは違い、こちらが支持した内容の業務を昼夜を問わず愚直にひたすらこなしてくれるロボットというイメージです。

AIは経験から未来を予測したり自身で成長しますが、RPAは成長しません。

 

VBC#による業務アプリケーションの開発に携わったことがある方なら感じるかもしれませんが、そのくらいだったらわざわざRPAを使わなくてもシェルと組合せれば開発できんじゃね?と思っちゃうんですよね。

 

この疑問が常に私の中にもあって、RPAに対してポジティブになれなかったのが正直なところです。

 

実際当時のRPA会社の営業担当にもこの疑問をぶつけていましたが、「それはそうなんですけどね。」と言っていました。

 

RPAツールは誰でも設定ができるというところが魅力の一つにありますが、業務アプリケーションを開発するスキルを持った人間が相手だと、確実にこの疑問が湧いてくると思います。

 

この疑問に対して、明確に答えられないと日本でRPAが浸透するのは難しいのではないかと思いました。

 

RPAは日本ではまだまだ途上段階ではないでしょうか。

今後どのように進化していくのか、それとも衰退するのか陰ながら見守りたいと思います。