雰囲気を変えたいなら古着のスラックスを試してみてほしい!

関東も梅雨が明けたそうですね。

毎日とても暑いです。

 

さてさて最近のこと、私がよく行く地元のショップのオーナーさんが言っていたのですが、おしゃれな人はパンツが変わらないらしいです。

 

私はというと、ここ数年でパンツがガラッと変わりました。笑

変わったきっかけというのが、古着のスラックスを履くようになったことでした。

カラーはブラックか濃いネイビーが私の定番です。

 

ここ数年、スラックスというマイ定番が出来てからは、ファッションで迷うことがあまりなくなったように思います。

 

ということで今日は古着スラックスの魅力についてご紹介したいと思います。

www.instagram.com

古着のスラックスは、ストンとしたシルエットの物や、太ももから裾にかけてテーパードがかかっているものなど、様々なバリエーションががあります。

 

私は両方好きですが、太ももから裾にかけてテーパードがかかっている物の方が色々なトップスに合わせやすいです。

 

タックが入って腰回りにボリュームがあるデザインのものだと、オーバーサイズのトップスとの相性がとても良いので、一気に今風な雰囲気になります。

 

それに加え、テーパードがかかっているものなら、スニーカーから革靴、サンダルまで足元はなんでもハマります。

 

特にニューバランスやサンダルなんかと合わせると一気に抜け感が演出できます。

これからの季節だと、テーパードがかかったスラックスにサンダルを合わせるのが良さそうですね。

 

古着スラックスであれば、素材や地模様など選択肢がたくさんあるので選び方次第で雰囲気もガラッと変わって面白いです。

 

必ずしも古着じゃないとダメなわけではなく、最近ではH BEAUTY & YOUTHで購入した2タックワイドテーパードスラックスもとても綺麗なシルエットで上質なウールを使っていてとても気に入っています。

 

スラックスの魅力は、トップスの幅がとても広いということです。

デニムパンツほどカジュアルになり過ぎず、ワークパンツほどタフっぽくなく、スラックスだと、それだけできちんとしているのでトップスは白の無地Tからアロハシャツまでなんでも様になります。

 

私が良く地元のショップでは古着のスラックスをリメイクして再構築しています。

www.instagram.com

ワンタック、ツータック入ったの太めの古着スラックスのウエストやすそ幅を調整し、とても綺麗な現代風のスラックスに仕上げています。

 

どんなスタイルにもハマる古着のスラックス。

気になっている方は、是非オススメです。