【DockATot ドッカトット】寝つきの悪い赤ちゃんにお困りのパパママにオススメ移動式ベッド!

娘が産まれ、早1ヶ月が経ちました。

これまで奥さんと娘は奥さんの実家に帰っていたのですが、こちらへ戻ってくることになりました。

 

実家にいる間、奥さんは娘の寝付きが悪く、寝てもすぐ起きてしまうと困っていました。

 

そこで、こちらに戻ってくることもあり、娘用のベッドも買っていなかったのでドッカトットという移動式のベッドを試しに購入してみました。

 

ドッカトットとは

 

 

ドッカトットは母親のお腹の中を再現した移動式のベビーベッドで、赤ちゃんが安心できるような作りになっています。

 

一つ一つヨーロッパの工場で丁寧に作られており、数々のアワードを受賞している世界中のパパママに認められた商品です。

 

簡単に持ち運ぶことが出来、どこでも赤ちゃんの寝るスペースを作ることが出来ます。

赤ちゃんを連れて、おじいちゃんおばあちゃんの家に行ったり、友人の家に行ったりした時に、パッと赤ちゃんを置く場所を作ることができるので、こうったシーンでもとても便利です。

 

また赤ちゃんが腹ばいになることを促進する作りになっていたり、バックルを外せばオムツを交換することも可能で、赤ちゃんのことを考えた作りになっています。

 

パーツ全て洗濯することが可能で、替えのカバーも別売りで買うことが出来ます。

結構、オムツを交換している時におしっこやウンチをして汚れることがあるので替えのカバーが売っているのはとてもありがたいです。

 

我が家ではベッドの上に置いて、赤ちゃんと一緒に寝ています。

www.rakuten.ne.jp

 

ドッカトットを使った感想

ドッカトットを使うようになってからは、実家にいた時と比べ長い間寝るようになったと妻は言っていました。

 

こちらの本も読ませていただき参考にさせていただきました。

実家にいたときは、そばにいてあげないといけないという思いから、夜も明るい部屋で一緒にいたり、寝たい時に寝かせてあげるなど、赤ちゃんが寝る時間もバラバラでした。

今はお風呂→ミルク→就寝の時間を決めて、寝るときは部屋を暗くして寝かすようにしています。

 

こうしたほうが赤ちゃんにとって、生活リズムが整い1日のメリハリが出来て良いそうですよ。

 

夜寝るようになってくれたのは、この効果もあるのかもしれませんね。

 

私も一緒に寝ているのですが、夜中急に泣き出すといったことは今のところほとんどありません。

とても安心してぐっすり寝ているように思います。

 

赤ちゃんが泣くのは、お腹が空いた時や、おしっこやウンチをしてオムツを交換して欲しい時、抱っこして欲しい時などがありますので、全く泣かなくなる訳ではありません。

 

またギャンギャン泣いている時にドッカトットで寝かせたからといって泣き止むものでもありません。

 

ただ、これらのこと以外の理由で泣いているのであれば、今使っているものの寝心地が悪いのかもしれませんよ。

 

ドッカトットは、安いものではありませんが赤ちゃんがぐっすり安心して寝てくれるのなら高すぎる値段ではありません。

赤ちゃんの寝付きが悪くてお困りのパパママは、ドッカトットを試してみてはいかがでしょうか。