【フィルメランジェ クラウド】下着も着心地にこだわりたい大人のためのタンクトップ!

6月に入ってから少し涼しくなってきましたね。

みなさん夏の準備はもうお済みでしょうか?

夏の準備といえば、そう、Tシャツの買い足しですよね。

私はもう一つパックTを買おうかと迷っているところです。

 

私は「パックTを着るときは下着を着ない。」という謎のこだわりがあるんですが、

普通の無地Tや、ポケTも好きで、プリントTシャツも普通に着ます。

これらのTシャツを着るときは、Tシャツの下に常にタンクトップを着ています。

 

タンクトップって、結構後回しになりがちなんですが、たくさん種類があって、奥が深く、なかなか「これ!」といったタンクトップに出会わなかったりします。

 

私は「下着っぽくないタンクトップ」が理想で、素材はソフトなTシャツのような肌触りで、サイズはゆるい感じが好みです。

 

そんな私のこだわりに「バシッと」来たのが、「filmelange フィルメランジェ」から定番でリリースされているクラウドという商品名のタンクトップです。

フィルメランジェのタンクトップは¥6,480(税込)と少し値は張りますが、着心地がよく肌触りがしっとりとして最高です。

 

そして定番としてリリースされているというのも大事なポイントです。

 

私は身長170cm(最近縮んだようです。)痩せ型で4番のサイズを着ています。

少しゆるめのピタッとしない程度のフィット感です。

 

フィルメランジェのウェブサイトから、

上質な超長綿をわたの段階から別注、特番手に紡績し、フライス機で甘く編み上げられたフライス生地です。

「ニューリンダ天竺」へと素材をアップデートし展開します。
ハリとコシの強い「GIZAコットン」を使用し、より製品と長くお付き合い頂けるよう、原料の見直しを行いました。

また、糸にあえてムラ感を残した紡績を行い、ぎりぎり綺麗になりすぎない「こなれ感」を演出。リブの組織であるため伸びが良く、体にぴったりと吸い付くような着心地です。
シルキーで毛羽の少ない滑らかな風合いと耐久性を融合させた、FilMelangeが今考えるニュースタンダードなアイテムです。 


肩・首まわりの縫い目はフラットシーマで、肌辺りを極力気にならないよう配慮した仕様に。直接素肌に着るこのシリーズで、譲れないこだわりの仕様となっています。

襟ぐりは広すぎず、シャツやスウェットなどからも見えない程度に。ボディの幅は2サイズ~5サイズまで変わらないので、丈の長さと脇の開きでサイズの差があります。

一度手にして着つづけていくと、他のものを着た時にはっきりとした違いを感じることのできると自信を持っておすすめする、アンダーウェアシリーズです。

とあるように、1度着ると他のタンクトップは着れなくなるくらい着心地が気持ちよくて、デザインも私の好みでした。

 

そもそもフィルメランジェとは?

FilMelangeとは

2007年の春にうまれた、究極のカットソーのブランドです。
FilMelange(フィルメランジェ)は「混ざった色の(Melange)糸(Fil)」という意味として名付けられました。
それは、昔からTシャツやスウェットシャツに使われてきた杢色の糸のこと。
気取らず、誰にも似合って、時代を超えて愛される「日々の暮らし」の色を厳選した天然素材を使って、柔らかく、軽く、うつくしい生地へと編み立て日本の匠と呼ぶに相応しい職人たちが、丁寧に心をこめて仕立てた謹製品です。
FilMelangeは、原料である「わた」の選定から、「糸」「生地」「縫製」に至るまで、徹底した自社開発をしています。また、日本製にこだわり、自社工場で未来の職人育成にも取り組んでいます。
わたしたちが心をこめて作った製品があなたの手に渡り「着ることの喜び」を感じて頂けたら嬉しいのです。

filmelange.com

 

とあるように、素材と縫製にこだわったメイドインジャパンのブランドです。

タンクトップの他にもTシャツなどリリースされています。

 

さいごに

基本的には人の目にはつかないタンクトップですが、直接肌に触れる部分ですので良い物を選びたいですよね。

少し値は張りますが、それだけの価値はある素晴らしい着心地のオススメなタンクトップです。