【セブンイレブン】毎朝食べても飽きないセブンのおすすめ総菜パン

こんがりチーズオニオンスティック

答えから言ってしまうんですが、セブンイレブンのこんがりチーズオニンスティックというパンが、本当に美味しくて最近ほぼ毎朝、食べています。

f:id:sekainotarapon:20190609221913p:plain

Image:https://www.sej.co.jp/

こちらがセブンイレブンのこんがりチーズオニンスティック税込149円です。

 

具材はチーズ、マヨネーズ、オニオンスライスが入っています。

マヨネーズがたっぷり入っていてデブまっしぐらなパンです。

 

そのまま食べてもおいしいのですが、私はこれをバルミューダのスチームトースターで少し温めてから食べています。

 

バルミューダのスチームトースターで温めると、パン生地はサクッとマヨネーズはしっとり、チーズはかりっと、オニオンスライスはシャキッと仕上がって本当に美味しいんです。

 

バルミューダのスチームトースターって何?

と思う方もいらっしゃるかもしれないので、すこし説明しておきます。

バルミューダは2003年に東京で設立された、クリエイティブとテクノロジーの会社で、

自由な心で夢見た未来を、技術の力で実現して人々の役に立つことをミッションとして掲げ、新しい考え方で、これまでになかった価値を持つ家電を作ってる企業です。

 

バルミューダのスチームトースターの上部に水を射す部分があります。

この水分がポイントで、これによって、外はカリッと中はしっとりと焼き上げることができるようです。

 

そして、バルミューダスチームトースターの開発の原点となったのが、バルミューダ代表取締役寺尾玄氏がスペイン、イタリア、モロッコと旅をしていた時に、ロンダで食べた一切れのパンがきっかけだったそうです。

 

私も新婚旅行でロンダを訪れたことがあるため、寺尾氏と同じ経験を現地でしたわけではないのですが、共感してしまいました。

 

スチームトースターの開発ストーリーは、バルミューダのホームページの中でも取り上げられていますので、お時間がある方はご覧になってみてください。

f:id:sekainotarapon:20190609224219p:plain

こちらが、バルミューダ株式会社代表取締役です。

なんとNHKドラマ「半分、青い。」の劇中扇風機開発部分において、寺尾玄氏が原案協力したそうです。

www.balmuda.com

www.balmuda.com

バルミューダ、とても興味深い会社です。

 

もし、バルミューダのスチームトースターをすでにお持ちでしたら、

ぜひ、セブンイレブンのこんがりチーズオニンスティックをクロワッサンモードで3分ほど温めて食べてみてください。

めちゃくちゃおいしいのでオススメです。