【エアレスタイヤ】これが未来のタイヤだ!

GMミシュランがパンクしないタイヤ「Uptis」を発表!

japanese.engadget.com

2024年市販化を目指し走行試験が開始されるようです。

 

通常のタイヤには高圧の空気が充填されています。

空気をタイヤに入れることによって、タイヤは車の重さを支えています。

 

タイヤに空気が入っていることによって路面の衝撃を吸収したり、バネのような働きができるようになるのです。

 

今回のパンクしないタイヤは、従来のタイヤそのものの構造を抜本的に見直したエアレスタイヤと呼ばれるものです。

 

エアレスタイヤは、廃棄されるタイヤを減らすことによって省資源、タイヤのパンクやバーストの心配をしなくてもよい安心、濡れた路面でもしっかりと止まるなどの安全を実現する未来のタイヤというわけです。

 

タイヤメーカー各社、パンクしないタイヤへの取り組みは数年前から行われています。

 

東洋ゴムからは「noair」(ノアイア)

タイヤの内部は空気の代わりに、樹脂が網目状に張りめぐらすことによって路面からの衝撃を吸収する仕組みです。

ブレーキ性能や強度は空気入りタイヤ並になっているそうですが、実用化には、乗り心地や騒音の面でまだ課題が残っているそうです。

 

www.itmedia.co.jp

 

ダンロップからは「Gyroblade」(ジャイロブレード)

ジャイロブレードは金属製ホイールと特殊樹脂スポークで構成されています。

特殊樹脂スポークは豊富なカラーバリエーションが選択でき、ファッション性が高いのが特徴です。

 

https://autoprove.net/cms/wp-content/uploads/12706/ba19c401eee313bc2d204c2cdb3831cc.jpg

autoprove.net

 

ブリヂストンからは「Airfree」(エアフリー)

ブリヂストンのエアフリーは現在では自転車へシフトしています。

とても近い将来、街中でエアフリーを搭載した自転車を見かけることが多くなりそうです。

https://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/img_news/2017/2017041701_02.jpg

Image:https://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2017041701.html

www.bridgestone.co.jp

youtu.be

 

いかがでしたか。

各社熾烈な開発争いが繰り広げらております。

 

エアレスタイヤの問題点としては高速道路で安定した性能を発揮できるかでした。

まだまだ、クッション性や雨の日の走行、急発進、急ブレーキ時に起こるタイヤの形状の変化など課題は山積みです。

 

空気入りのタイヤが果していた役割は大きく、エアレスタイヤはこれらの課題を一つずつクリアし、空気入りのタイヤと同等、またはそれ以上の性能を発揮することが求められます。

 

エアレスタイヤが普及すれば、パンクする心配ががなくなるので、車にスペアタイヤを積んでおくスペース、重量が省けます。

 

空いたスペースを有効に活用でき、低燃費化にも一役買ってくれそうです。

さらに、ゴムの消費も抑えられ、地球環境にも優しいタイヤと言えます。

 

これまで、悪路などを走破することを目的とした低速で移動する軍用の自動車などには、すでにエアレスタイヤは用いられておりました。

 

最近、東洋ゴムのノアイアは、時速120kmの高速走行も対応可能のようで、近い将来全ての車がエアレスタイヤになる時代が着実に近づいています。

 

自動運転車やMaasが当たり前の世の中になる頃には、タイヤは全てエアレスタイヤになっているかもしれません。

 

昨今自動運転車やMaasに注目が集まっていますが、今後のタイヤの動向にも注目していく必要がありそうです。