「モネ・テクノロジーズ」は日本にMaaSを根付かせることができるか!?

「モネ・テクノロジーズ」

「モネ」という会社をご存知ですか?

https://cdn.softbank.jp/biz/set/data/iot/service/monet/img/img-monet-02.jpg

 

モネはソフトバンクトヨタ自動車が共同出資をして設立された会社です。 

 

モネはソフトバンクの「情報革命で人々を幸せに」とトヨタの「全ての人に移動の自由を」の二つのビジョンを融合し、安心・快適なモビリティ社会の実現をすることを目的に設立されました。

www.monet-technologies.com

 今、通信事業のソフトバンクと自動車のトヨタ自動車がタッグを組んで何かとんでもなくすごいことをしようとしています!

この2社がタッグを組んだことによってどんなことが起こるのか

ソフトバンクには、様々なサービスやIOTを通じて得た膨大なデータが蓄積されています。

我々がIPhoneなどの携帯端末を使うことによって、膨大なデータは1分1秒リアルタイムで増大しているのです。

それらのデータや情報、サービスと、トヨタが持つ自動車の技術と連携することで、実現可能になることは私たちの現在のライフスタイルを根底から覆してしまうかもしれません。

youtu.be

「e-Palette」

こちらの映像もトヨタが描く未来予想図です。

トヨタソフトバンクがタッグを組んで実現しようとしていることは、運転手が存在しない車両が街の中を走っている世界。

誰もが利用でき、自由に安全に移動することが出来る世界なのです!

全ての自動車が自動運転で稼働し、運転手が人間でなくなれば、スピード違反や交通事故はなくなるでしょう。

高齢者による運転ミスで引き起こされる事故も起きなくなります。

地方に住む高齢者の中には病院や買い物に行くのに何時間もかかる方もいます。

モネならそういった交通事故のない環境、高齢者が安心して生活できる環境を提供することができるかもしれません。

そんな簡単な話ではありませんが、この2社が実際にタッグを組んで、そんな世の中を実現するためにすでに動き出しているのです。

Mobility for All

トヨタの社長が発表したビジョンです。

「私は、トヨタを「自動車をつくる会社」から、「モビリティカンパニー」にモデルチェンジすることを決断しました。すなわち、世界中の人々の「移動」に関わるあらゆるサービスを提供する会社になるということです。」

global.toyota

 CMで香川照之さんがおっしゃっていたことが今まさに着実に起きようとしているのです!

モネを知るまで、自分がこのCMの意味を全く理解していないことに気づきました。

youtu.be

モネを知ってから、このCMがこれから起きようとしていることの伏線に思えてしまうくらいです。

余談ですが、私、トヨタの社長結構好きです。

THE経営者って感じ良いですね。

MaaS「モビリティ・アズ・ア・サービス」

近年MaaSと言われる概念が広がっています。

MaaSとはマイカーを所有せず、自動車などの移動手段を、必要なときだけ料金を払ってサービスとして利用することです。

Uberや、カーシェアリングもMaaSの一つです。

MaaSはフィンランドがもっとも先進国です。

先日私が書いた「GACHAシャトルバス」もフィンランドでお披露目でした。

www.sekainotarapon.com

 MaaS後進国の日本でモネが成功するか否かは、このMaaSという概念が根付くかが問題になってくると言えます。

日野自動車・HONDAも賛同

このモネですが、なんと日野自動車およびHondaも資本・業務提携すると発表がありました。ますますモネという会社から目が離せませんね!

www.monet-technologies.com

さいごに

いかがでしたでしょうか。

これから起きようとしている未来が少し見えた気がしませんか?

私は「モネ」が日本に革命を起こすのではないかとワクワクしています。

 

私ごとですが、私も自動車を所有しています。

しかもかなり古い自動車に乗っているため、修理代がバカにならなくなってきました。

買い替えを検討しているのですが、はやく自動車を所有しなくても良い世界が訪れることを心待ちにしております。

そして、自動車による、人間のちょっとした不注意によって大切な誰かを失うことがない世の中が訪れることを期待しています。