洗濯の大失敗!お気に入りセーターを劇的に縮ませた!

それは昨年の秋でした。

タートルネックのセーターに抵抗がありましたが、バシッと決まったセーターに出会い即買いしたセーターがありました。

冬に旅行などを控えていたため、活躍すること間違いないと冬が来るのが待ち遠しいくらいでした。

何度か自宅で試着し、飲み会に着ていきました。

私は1度飲み会に着ていった服はどうしても洗いたい性分なのです。

次の日少し不安でしたが、昨晩着たセーターをエマールを溶かしたお湯につけました。

不安はさらに強まりました。

空気を含んでふわふわだったセーターがぎゅっとなった気がしました。

軽く脱水して、平干ししました。

数時間して、セーターの様子を見て青ざめました。

確実に縮んでいました。

ネットで調べたところ、トリートメントを溶かしたお湯につけると良いという記事をいくつか見つけ実践しました。空気を含んでいた糸がキツく絡まることでセータは縮むそうです。わたしは妻のトリートメントを大量に溶かしたお湯につけてまた平干ししました。

f:id:sekainotarapon:20190316214204j:plain

結果、このようになりました。

オーバーサイズでふっくらしていたセーターはヘソが見えるほど丈が短くなりました。

その触り心地はいわゆるフェルトでした。

こりゃあかんと思って、またネットで調べて、このセーターを救済してくれそうなお店に駆け込みました。

 

結果は、手の施しようがないと丁寧に断られました。

 

これまで、セーターだろうがなんだろうが、ちょっと高かった服は洗濯機のホームクリーニングモードでエマールを使って普通に洗っていました。

ほとんど失敗したことなんてありませんでした。

ちょっとやばそうなセーターでも、エマールを入れたぬるま湯にしばらく浸けて乾かせばオッケーでした。

クリーニングにセーターを持っていったことなんてありませんでした。

 

なぜ、こうなってしまったのか今でもイマイチわかりませんが、残念で仕方なく1週間ほど落ち込んだのを覚えています。

 

おそらく素材が何か特別だったのかもしれません。

f:id:sekainotarapon:20190316221455j:plain

こんな表示がありました。

なんか色々バツ印が入っているのでダメなことを知らずにやってしまったんだと思います。

 

www.kao.co.jp

色々調べていたら!

 

まさかのエマールの発売元の花王さんのホームページにありました。

なんともご丁寧に洗濯表示一覧があり、その説明がされています。

 

そして見つけました!

https://kao-h.assetsadobe3.com/is/image/content/dam/sites/kao/www-kao-co-jp/emal/2018/list/ico_a_5.png?fmt=png-alpha&wid=232

このマーク!

これがあると、家庭では洗えないそうです!

 

全然知りませんでした。

 

家で洗わない方がいい、というか家で洗ってはダメな場合もあるんだということをこの歳になって学びました。

こんな辛い思いをしないためにも、洗濯をする前に洗濯表示を確認することをオススメします。少しでも不安がある場合はクリーニング店にお任せするのがよいでしょう。

 

大体のものはこのエマールがあればオッケーなんですけどね。