映画「ザ・ガンマン」を見た感想【ネタバレ注意】

主人公ジム

元特殊部隊に所属していたジムこと主人公のショーンペンは退役後は企業に雇われ表向きはコンゴで治安維持部隊として活動し、裏では企業のために汚い仕事を請け負っていました。

コンゴで出会った女性と恋に!

ジムはコンゴで活動していた時に病院で働くアニーという女性と出会い、恋人になります。

ある仕事が全ての発端に!?

ある日政治家の暗殺を命じられます。ジムはチームで動いていて、この日銃の引き金を引いたのがジムでした。チームのルールとして、引き金を引いたものは直ちに出国しなければなりませんでした。ジムは恋人にも連絡をとれずに、国外へ出ることになってしまい、チームのリーダー、フェリックスにアニーのことを頼むと告げたのでした。

魅力的なアニー

ジムに引き金を引く役を命じたチームのリーダー、フェリックスもまた、アニーに恋心を抱いていました。フェリックスはジムに引き金を引く役を命じることで、アニーからジムを遠ざけたのでした。

フェリックスは傷心したアニーの手助けをし、やがてアニーと結婚したのでした。

一方ジムはというと

コンゴから戻ったジムは企業には戻りませんでした。それから8年後、再び慈善団体の一員としてコンゴを訪れ、コンゴに井戸を作るプロジェクトを進めていた。

コンゴで襲われる 

コンゴで井戸を建設している最中に、何者かに襲われます。ジムは襲ってきた者たちの標的が自分だったことに気づきました。そしてそれが8年前自分が引き金を引いた事件と関係していると勘づくのでした。

コンゴでの襲撃を探るジム

ジムは当時のチームメイト、そしてかつて友人などに聞き込みをしました。そして当時の恋人アニーとフェッリクスが結婚していたことを初めて知ります。アニーのことを今でも忘れていなかったジムはショックを受けます。

ショーンペンの肉体美に注目!

元特殊部隊役だったとは言え、ショーンペンの鍛えられた肉体には男の私でも惚れ惚れしてしまいました。50歳を過ぎているとは到底思えないほどバッキバキに鍛えられており、キレキレのアクションも見応えがありました。恋人役のアニーも綺麗でセクシーで素敵でした。

物語のラストは

物語はというと、襲撃の真相は政治家暗殺の事件に企業が関与する証拠をすべて消し去ることでした。犯人は昔のチームメイトの一人で、ジムにとってアニーが大切だと知っていたため、アニーを人質にしました。しかしジムは特殊部隊の経験を活かし、たった一人で戦います。最後は重症を負ったジムでしたが、敵を打ち負かしたのでした。ジムも事件にかかっていたこともあり、無罪というわけにはいきませんでしたが、ジムは自分が持っている情報を全てインターポールに提供し、事件解決に協力しました。事件は解決し、罪を償ったジムは再び、コンゴで待つアニーと再開するというストーリーでした。

最後に

映画全体としてはド派手なアクション映画というわけではなく、ショーンペンの渋さが際立つ大人のアクション映画といった印象でした。ド派手なドンパチ合戦や爆発シーンがないので、深夜にアクション映画が見たい時にオススメです!!

px.a8.net