24 レガシー PM2:00ーPM3:00【ネタバレ注意!】

PM2:00ーPM3:00の出来事です。

エリックは国内に潜入しているテロリストのリストと起爆コードが入ったUSBを取り返すために、警察の証拠保管庫から麻薬取引で押収した金を持ち出すために警察に侵入ました。しかしレベッカが拘束されたことで、サポートを失ったエリックは警察内に立てこもることになってしまいました。ベンと約束した時間が差し迫ったエリックは、壁を爆破して脱出を試みますが、あともう少しのところで警察に囲まれてしまいます。

ところが、間一髪のところでレベッカから警察に連絡が入り、包囲は解かれます。エリックはマイルズが味方についたことを知ります。

エリックはCTUの現場捜査官ロックと協力してベンからUSBを取り返すための作戦を実行するのでした。

レベッカは自身のサーバーに夫の選挙対策本部長のニラーのアクセスがあったことから内通者がニラーであると確信し、ニラーの逮捕に向かいました。

ニラーは身に覚えがないと必死に訴えます。

潜伏工作員のアミラが同級生に素性がバレそうになり、アミラと何らかの関係がある化学の教師がこの同級生を殺してしまいます。

アミラが兄に報告している間に死んでしまったと思っていた同級生が意識を取り戻し、脱走します。慌ててあと追って探しますが、他の生徒が部活をしているコートで倒れており、それが他の生徒に見つかり、止む無く救急車を呼ぶことになってしまいます。

ベンのUSB奪還作戦ですが、ベンは駅の壁にUSBを隠していました。しかしそこにはテロリストビンハリードの息子の手下もおり、銃撃戦になってしまいます。ロックは肩らへんを撃たれ、ベンはエリックに裏切られたと思いm、USBを持って再び走って逃げるのですが、ビンハリードの息子に背後から銃で撃たれUSBを奪われてしまいます。

ここで、第3話は終了します。

 

ビンハリードの息子の手下や、潜伏工作員たちの計画が少しずつほころびが出始めてきています。私の大好きなニラーが疑われており、私は心穏やかではありません。それとやはりエリックの走り方は気になってしまいます。

 

見たドラマを忘れないうちに書きなぐるのですが、読む人は読みづらいでしょうね。もっと読む人の立場になった書き方を習得しないといけないなと感じました。